arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash

CBD TIMES

CBDの効果がない場合の対処


CBDの作用や効果時間は人によって異なる!

CBDの効果がない場合の対処

A year ago


CBDの作用や効果時間は人によって異なるため、同じ量でも効く人と効かない人がいます。ただし本人がなにも効果を感じなくとも、身体的には効いています。もし摂取してから目安となる時間が経っても効果が表れない場合、以下の方法を試してみましょう。

少なくとも2週間は続けよう
CBD製品のレビューの中には「効かない」という声も見かけますが、CBDリキッドは長く使い続けるほど効果が出やすくなります。この点がアルコールと異なる点で、最初は効果がイマイチ分からなくても、2週間~3カ月程度は継続することが大切です。CBDは使い続けると徐々に体内に蓄積されていき、それによって徐々に少ない摂取量でも効果を発揮するようになります。数日間使ってみたけど効果がなかった、という方は、とりあえず2週間をメドに継続してみると、CBDの効果を実感しやすくなる筈です。

 

CBDの摂取量を増やしてみよう
また、CBDオイルは継続する他に、摂取量も大切です。一般的に、CBDオイルは1日辺り25mg程度が理想的な摂取量と言われており、大抵の方であればこの量で効果を実感できる筈です。もちろん、個人によって適切な摂取量は異なるため、25mgが必ずしも理想とは言い切れませんが、もし効果をイマイチ感じないのであれば、量を少しずつ増やしてみましょう。本当に体の調子が悪い人は1日に500mgのCBDを摂取することがいいと言われています。CBDは基本的に、一定以上の摂取量を超えると効果も一定化するので、過剰摂取するリスクがありません。なので、効果のほどを見ながら量を増やしたり、減らしたりしながら、自分にとって最適な量を見つけるのがベストです。

 

CBD含有率が高いものに変えよう
CBDオイルは製品によって含まれているCBDの量が異なるため、より効果を実感したい方は高濃度のCBDオイルを使うのがオススメです。人によってはCBDへの耐性が強い場合もあるので、低濃度のCBDオイルでは効果を実感しにくい方もいるかもしれません。高濃度のCBDオイルの中には25%以上のCBDを含んでいる製品もあり、摂取するとより素早く、ハッキリとした効果を得られます。また、高濃度オイルのメリットとして、摂取量が少なくて済むためCBDオイル特有の苦みが不得意な方にもオススメで、コスパの良さも挙げられます。

 

VAPE(電子タバコ)に切り替えてみよう
CBDオイルがイマイチだったという方は、ヴェポライザーを使った蒸気摂取がオススメです。蒸気摂取のほうが経口摂取よりもCBDの吸収率が高く、また素早く効き始めるので、より効果を実感しやすいです。ヴェポライザーを使う際のコツとして、蒸気をゆっくり吸い込んでから肺に10秒ほど溜めて、ゆっくり吐き出すのがポイントです。こうすることで、蒸気に含まれているCBDをしっかり吸収できますが、人によっては数秒で成分が吸収される場合もあります。また、途中で息が苦しくなる場合は、徐々に吸う・溜める時間を延ばしていけば、やがて慣れることが出来ます。

ショッピングカート