arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash

NEWS

フラボノイドとアントラージュ効果


CBDを摂取することで生まれる相乗効果
フラボノイドとアントラージュ効果

A week ago


カンナビスサティバは広範囲の植物化学物質を合成するが、人間の活動には、主に2つの植物カンナビノイドとカンナビジオール(CBD)に多くの関心が寄せられています。

このような生物活性はCBDとテルペンやフラボノイドのような他のフィトカナビノイドやフィトカナビノイド化学物質との相互作用を通じてさらに強化することができ、随伴効果と呼ばれる現象です。

医学的に重要だが、非精神性複合カンナビジオール(CBD)は構造、生合成、生物学的活動のために集中的に研究されています。

植物カンナビノイドとテルペン、フラボノイド、アルカロイドのような他の種類の植物化学物質もC.sativaで確認されています。 これらの他の植物化学物質は相乗効果を発揮し、植物カンナビノイドの生物活性を高めます。

したがって、テルペンやフラボノイドのようなフィトカンナビノイド化合物の研究は、C.サティバの治療薬の開発に有用である。

人体のCB受容体はテルペンだけでなく、人体自体のエンドカンナビノイド、アナンダミドと結合するように進化しています。しかし、カンナビノイドとテルペンと一緒に作用するフラボノイドはCB受容体とも相互作用することができます。

そして、他の2つの化学物質と同様に、フラボノイドは抗酸化剤と抗炎症剤として作用し、抗がん、抗老化、抗バクテリア、そして心臓血管促進剤の役割をします。フラボノイドはCB受容体にも結合するため、これらは「アントラージュ効果」のもう一つの要素です。

これは、特定の大麻菌株が異なる精神活性や薬効を生み出す理由を説明するモデルです。基本的にCB受容体は私たちが摂取するすべてのカンナビノイド、テルペン、フラボノイドに結合します。これらの植物性化合物の比率が異なると、神経系に異なる種類の化学的カスケードが引き起こされます。それが、大麻菌株の中には高揚効果をもたらすものもあり、慢性疼痛をコントロールするのに他の菌株よりも優れているものです。

随伴効果について考える1つの方法は、体内にCB受容体が5つしかないことです(実際には何十億ものCB受容体があります)。

純粋なCBDを吸入すると、5つのCBD分子が5つのCB受容体すべてに結合します。しかし、フルスペクトルCBDを摂取すると、CBDだけでなく、他のカンナビノイド(CBC、CBNなど)、テルペン、フラボノイドも摂取する。言い換えれば、あなたの5つのCB受容体はそれぞれ、CBD、CBC、CBN、テルペン、フラボノイドという異なる結合を持つことになるでしょう。あなたの神経系は、純粋なCBDを摂取する場合とは、この植物全体の随伴効果によって異なる種類の効果を生み出すでしょう。

CB受容体だけでなく、フラボノイドもオピオイド受容体に直接結合することができる。これらはバイコジン、パーコセット、モルヒネのような鎮痛剤と結合した後に活性化する部位と同じです。一部のカンナビノイドはオピオイド受容体に間接的に結合し、オピオイド受容体を刺激するが、実際には活性化しない。

そのため、フラボノイドはテルペンとカンナビノイドだけでは得られない鎮痛効果をもたらします。何よりもフラボノイドはほとんどのオピオイドのように中毒性がないです。

--------------------------

FLAVINOIDS & THE ENTOURAGE EFFECT
Although Cannabis sativa synthesizes a wide range of phytochemicals, much attention has been primarily given to two phytocannabinoids and cannabidiol (CBD), due to their distinctive activities in humans. These bioactivities can be further enhanced through the interaction of CBD with other phytocannabinoids or non-phytocannabinoid chemicals, such as terpenes and flavonoids, a phenomenon that is termed the entourage effect.
The medicinally important, but nonpsychoactive, compound cannabidiol (CBD), have been intensively studied for their structures, biosynthesis, and biological activities.
Additional phytocannabinoids, and other classes of plant chemicals, such as terpenes, flavonoids, and alkaloids, have also been identified in C. sativa.  These other plant chemicals exert synergistic effects to enhance the bioactivities of phytocannabinoids, known as “the entourage effect”.  As such, studies on non-phytocannabinoid compounds, such as terpenes and flavonoids, are valuable for developing therapeutics in C. sativa.
The body’s CB receptors evolved to bind with cannabinoids—such as the body’s own endocannabinoid known as anandamide—as well as terpenes. But flavonoids, which work together with cannabinoids and terpenes, can interact with CB receptors, too. And just like those other two chemicals, flavonoids act as antioxidants and anti-inflammatories and serve as anti-cancer, anti-aging, anti-bacterial and pro-cardiovascular agents.
Because flavonoids also bind to these CB receptors, they’re another member of the “entourage effect.” This is a model for explaining why certain cannabis strains produce different psychoactive or medicinal effects. Essentially, CB receptors bind to all of the cannabinoids, terpenes and flavonoids that we ingest. The different ratios of these plant-based compounds trigger different kinds of chemical cascades in our nervous system, which may be the reason why some cannabis strains give us an uplifting effect and why some strains are better than others for controlling chronic pain.
One way to think about the entourage effect is to imagine you have only five CB receptors in your body (in reality, you have billions of them). If you inhaled pure CBD, five CBD molecules would bind to all five of your CB receptors. However, if you ingest full spectrum CBD, you would take in not only CBD, but also other cannabinoids (like CBC, CBN, etc.), terpenes and flavonoids. In other words, each of your five CB receptors would have something different bound to them: one with CBD, one with CBC, another with CBN, another with a terpene, and the last with a flavonoid. Your nervous system will generate a different kind of effect with this whole-plant entourage effect than if you consume pure CBD.
In addition to CB receptors, flavonoids can also bind directly to our opioid receptors. These are the same sites that activate after binding with painkillers like Vicodin, Percocet or morphine. Some cannabinoids can indirectly bind to opioid receptors, which stimulates but doesn’t truly activate the receptor. So, flavonoids provide a painkilling effect that you can’t get from terpenes and cannabinoids alone. Best of all, flavonoids aren’t addictive like most opioids.

ショッピングカート